種類の豊富さ

チーズの今と昔の違い

チーズと言えば、一昔前までは、子どものおやつ的存在であり、補助食品的なものでした。 しかし最近は、数年前に始まったワインのブームなどに伴い、子どもたちより大人たちの方がそれに合うチーズを求めるようになりました。 その影響は、チーズの専門店まで全国各地に見られるようになったほどです。 チーズといってもその種類は、驚くほど多く、スーパーなどで簡単に手に入るものから専門店でしか手に入らないものものまで存在します。 また、レストラン等でも、チーズを使った各国の本場料理を取り扱う専門店が増え、大人がワインとともに楽しんでいます。 チーズは今やおやつでもおつまみでもなく、食事のメインとして扱われるようになってきているようです。

これからどのように変わっていくのか

一昔前の、学校給食等にに出されていたチーズは、独特のにおいや癖があり、苦手だった子どもの方が多かったのではないでしょうか。 しかし最近のものは、くせがないため食べやすく、さまざまな風味のものがたくさんあり、小さなお子様や、昔は食べられなかったという人も、おいしく食べられるようになってきています。 もちろん逆に、独特のにおいや癖を好むチーズマニアの方もいるようです。 また最近では、味だけでなく、その栄養価の高さも見直されてきているため、健康食品として、扱うこともめずらしくないようです。 今後も、チーズのブームは続く物と考えられ、今以上に専門店が増えていくものと思われます。 近い将来、どこのスーパーでも専門コーナーが出来るようになるのではないでしょうか。